車の維持費・税金

車を持つとかかるお金

自動車取得税の金額

自動車取得税は、都道府県税です。その名称のとおり、自動車を取得した際に課税される税金です。
この税金は、取得した価格ではなく、取得時点でのその自動車の公的な価値により課税額が決まります。つまり、無料で取得した場合であっても公的に価値が相応にある場合には課税される仕組みになっています。
新車の場合はほとんど決まっているのであとはカーナビゲーションなどの付属品を購入したりしていなければ、車種などでそれぞれほとんど決まっています。問題なのは中古車で、減価償却によりその価値が半年に一回下落していくという発想をこの税金はします。
なお、この残存価格が50万円を下回った時には、免税点となり課税されません。この50万円は5ナンバーなどの普通自動車であれば、3年から5年もあれば達成するため、中古車でこの税金が課税されるのは新車新規登録時より時間がそれほど経っていないケースになってきます。
この税金の税率は、消費税が8パーセント増税時にこの税金は減税となり、次に消費税が10パーセントになる際には廃止されることが決まっています。自動車業界から消費税とこの税金は同じ趣旨であるため廃止するべきだという声によるものです。

コメントを受け付けておりません。