車の維持費・税金

車を持つとかかるお金

障害を持った方への制度を活用しよう

テクスチャー03碍者が自動車を運転する場合、税制配慮がされることが在ります。対象については身体面でハンディキャップ等が在る人が多いようです。申請については軽自動車であれば市役所の納税課ですることになり、軽自動車以外の自動車については県税事務所で申請をすることになります。
身体面でハンディキャップが在る場合、日常生活で様々な不利益が在るものとされます。また、税制面での配慮ですが、本人が運転する場合については、特に制限は設けられていないそうであり、本人でなくてハンディキャップ等が在るのが家族であってその人が運転するときは本人が運転する場合と違って程度については制限が設けられています。
障害の程度ですが、自動車税の減免について役所のホームページで明記されており、これは活用しなければなりません。また、税制配慮を受けれるのは、本人名義の車両一台だけであるとされています。
知的・精神障碍者については本人または家族が車の所有者となるそうであり、生計を一つにしていることが条件となります。つまり、同居している場合に限って有効であるというのです。
申請に必要な書類は、身体障碍者手帳、生計同一者の運転免許証、療育手帳、生業を証明する書類、認印、等です。また、身体障碍者以外であれば、精神保健福祉手帳や自立支援医療受給者等も必要となります。なお、民生委員の生計同一証明書も場合によっては必要となるので、これについてもチェックが必要となります。障碍を持った方への制度は、役所に明記されているので活用をして欲しいものです。

コメントを受け付けておりません。