車の維持費・税金

車を持つとかかるお金

車の購入時に必要な税金

車の購入時テクスチャー04に必要な税金は、その購入する自動車の種類によっても若干異なります。また共通して課税されるものも存在します。つまり、何種類もの税金が課税されるということです。
まずは、自動車の購入における消費税です。これは車両本体に加えてさらに付属品たとえばサンルーフであったりあるいはカーオーディオなども加えなければならないため、同じ車種であっても個人個人で若干課税額が異なります。また、その自動車について自動車取得税と呼ばれる都道府県税も課税されています。消費税とその趣旨が似ていることから、消費増税に伴って減税処理がなされるものです。8パーセントへの増税時に2パーセント程度減税がなされており、今後消費税が10パーセントになる際にはこの税金は廃止される見込みです。
その他に、普通自動車であれば自動車税が月割りで課税されます。この自動車税は毎年4月1日現在の所有者に対して課税されるもので、購入の時だけではなく毎年課税されていく主旨のものです。同様のものとして軽自動車に課税される軽自動車税も存在していますが、普通自動車のものと軽自動車のものとがあまりにもかけ離れた税額であることから、軽自動車税は今後増税されることが決定しています。

コメントを受け付けておりません。