車の維持費・税金

車を持つとかかるお金

燃料税って何? 燃料税って何? はコメントを受け付けていません。

車を走らせるためには、当然、ガソリンスタンドなどで燃料を補給しなければなりません。このとき、かなりの税金が徴収されています。ガソリンには1リットルあたり揮発税48.6円と地方道路税5.2円の計53.8円、ディーゼル車で使用する軽油には軽油取引税が1リットルあたり32.1円、LPG車で使用する石油ガス税では1キログラムあたり17.5円が販売価格に含まれているのです。軽油取引税及び石油ガス税では、燃料代に消費税率を掛けて消費税額を算出します。しかしガソリンの場合は、燃料代に揮発税及び地方道路税を加えた価格に消費税率を掛けるため、税金の二重取りとなっています。また、現在の税金には本則税率のほかに特例税率が加算されています。例えばガソリンの53.8円の税金のうち、本則税は28.7円、特例税が25.1円となっているのです。(なお、2008年4月1日から同年4月30日の1ヵ月だけ、租税特別措置法の改正が間に合わずに特例税がなくなりました。)
これら揮発税などを燃料税といいます。その税金は2009年3月31日までは国と地方の道路財源(特定道路財源)として使われていました。しかし2009年4月1日以降は、特定道路財源制度は廃止されており、現在は国や地方の一般財源となっています。車を利用する者にすれば、道路財源にするか、税率を下げてほしいものです。

軽自動車税って何? 軽自動車税って何? はコメントを受け付けていません。

テクスチャー06気量が660cc以下の軽自動車やバイク、スクーターなどの原動機付き自転車などにかかる税金のことあり、毎年4月1日時点の所有者に市区町村役場が納税通知書を送付して課税をする税金のことです。原付スクーターなどの原動機付自転車は市区町村役場で登録するため、課税が市区町村役場であっても違和感がそれ程ありませんが、軽自動車については登録や抹消手続きは市区町村役場では無く軽自動車検査協会で行いますが、その登録・抹消の情報を基に市区町村役場が課税をしますので、登録や抹消手続き先と税金が発送されてくる役所が異なることになります。また、自動車税が毎年課税されるものの、廃車や名義変更があった場合には月割りで精算、還付があるのに対して、軽自動車税は月割りの還付制度が無いため、4月1日の所有者が1年度分全額支払うといった違いがあります。また、昨今軽自動車の登録台数が増加したこともあり、平成27年度以降に新車登録された軽自動車については、増税されることになっています。自家用軽自動車だと今までは年間7,200円だったものが、年間10,800円になり、50cc以下のスクータは今まで年1,000円だったものが、年間2,000円に変わることとなっています。

自動車税の金額 自動車税の金額 はコメントを受け付けていません。

自動車税の金額は地方税法と呼ばれる法律で決められています。白ナンバーや緑ナンバーの場合には普通自動車以上ですから、都道府県税事務所などから課税され、軽自動車の場合には市町村から課税されます。
この税金のうち普通自動車は、まずはナンバープレートの頭が1から8まででその種類が分けられ、大抵の場合はその排気量で細かく分けられています。例外なのがトレーラー等でけん引される車両です。この車両は積載がどの程度までできるのかで税金が変わってきます。
普通自動車の中で自家用車と営業用とでは営業用の方が税金自体は安く設定されていますし、最近では新車購入時に一定の排ガス規制適用になっている車両はグリーン税制と言って、購入した次の年の税金は安くするような制度も導入されています。
逆にガソリン車は新車登録から13年越え、ディーゼル車は11年越えで重税となることが決まっており、約1割程度重税されて課税されるため、早めの買い替えを推進していると言えるでしょう。
年の途中で廃車登録をした場合には月割りで減額する制度がありますが、普通自動車ではこの制度がある一方で軽自動車にはこの月割りの制度はありません。1年分すべての納税の必要があります。

自動車重量税の金額 自動車重量税の金額 はコメントを受け付けていません。

テクスチャー05動車重量税の金額も排気量などで基準を決められたり、環境に優しい車であれば、初年度はかからないと言った所も計算によりおこなわれます。自動車の維持する事でかかる税金はこうした重量税や購入の際の取得税と言った所であり、何かと税金を徴収される事となります。4月1日時点で維持している自動車に関してかかる税金であり、これはバイクを維持している方でも同じ様に税金が課せられる事となります。自動車も軽自動車ならば排気量も少ない事となっている様で、そこで二台持っている方が二台目を軽自動車で維持すると言った方も少なくありません。自動車の重量税も今まで安かった軽自動車が見直される事となった為、少しは税金の徴収も上がっている現状となります。税金の納付に関しては、コンビニや銀行など今では色々な所で支払が行える時代であり、クレジットカードを使って支払う事も出来る様です。その際には手数料はかかりますが、手間などを考えるとそう言った支払も行う方が多くなっていて、重量税に関して毎年年に一度来る事から、しっかりと忘れずに納付する事が義務としてあります。納付が遅れると延滞税がかかる事もあり、注意して自動車の重量税を納める事となります。

自動車取得税の金額 自動車取得税の金額 はコメントを受け付けていません。

自動車取得税は、都道府県税です。その名称のとおり、自動車を取得した際に課税される税金です。
この税金は、取得した価格ではなく、取得時点でのその自動車の公的な価値により課税額が決まります。つまり、無料で取得した場合であっても公的に価値が相応にある場合には課税される仕組みになっています。
新車の場合はほとんど決まっているのであとはカーナビゲーションなどの付属品を購入したりしていなければ、車種などでそれぞれほとんど決まっています。問題なのは中古車で、減価償却によりその価値が半年に一回下落していくという発想をこの税金はします。
なお、この残存価格が50万円を下回った時には、免税点となり課税されません。この50万円は5ナンバーなどの普通自動車であれば、3年から5年もあれば達成するため、中古車でこの税金が課税されるのは新車新規登録時より時間がそれほど経っていないケースになってきます。
この税金の税率は、消費税が8パーセント増税時にこの税金は減税となり、次に消費税が10パーセントになる際には廃止されることが決まっています。自動車業界から消費税とこの税金は同じ趣旨であるため廃止するべきだという声によるものです。

車の購入時に必要な税金 車の購入時に必要な税金 はコメントを受け付けていません。

車の購入時テクスチャー04に必要な税金は、その購入する自動車の種類によっても若干異なります。また共通して課税されるものも存在します。つまり、何種類もの税金が課税されるということです。
まずは、自動車の購入における消費税です。これは車両本体に加えてさらに付属品たとえばサンルーフであったりあるいはカーオーディオなども加えなければならないため、同じ車種であっても個人個人で若干課税額が異なります。また、その自動車について自動車取得税と呼ばれる都道府県税も課税されています。消費税とその趣旨が似ていることから、消費増税に伴って減税処理がなされるものです。8パーセントへの増税時に2パーセント程度減税がなされており、今後消費税が10パーセントになる際にはこの税金は廃止される見込みです。
その他に、普通自動車であれば自動車税が月割りで課税されます。この自動車税は毎年4月1日現在の所有者に対して課税されるもので、購入の時だけではなく毎年課税されていく主旨のものです。同様のものとして軽自動車に課税される軽自動車税も存在していますが、普通自動車のものと軽自動車のものとがあまりにもかけ離れた税額であることから、軽自動車税は今後増税されることが決定しています。

低公害車にはお得な制度があります 低公害車にはお得な制度があります はコメントを受け付けていません。

低燃費で排気ガスの排出が抑えられている車両は環境に配慮された低公害車として、クリーン税制により減税の優遇措置が受けられます。クリーン税制の内容としては、購入時に付加される自動車取得税と、毎年4月に所有者に課税される自動車税の2つに分類されます。それぞれ一定の利率が軽減されますし、新車登録をしてから一番最初に課税される自動車税については、概ね半分程度減税されます。自動車取得税の減税率は車種・排ガス性能・燃費性能によって異なります。
軽減率が良いものには電気自動車やプラグインハイブリッド車、クリーンディーゼル車などがあげられ、これらの車両には概ね75%の減税が受けられます。ガソリン車の減税率はまちまちですが、半分程度減税のものもあれば電気自動車等と同様に75%減税が適用される車両もあります。また乗用車に限らず中量車や重量車であっても、電気自動車やプラグインハイブリッド車に該当するバス・トラックであれば適用の対象になります。
クリーン税制は新車購入時にはこうした優遇措置が設けられていますが、長年使用している車両は逆に重課の対象になります。具体的にはガソリン車・LPG車については13年超え、自動車税については11年超えの車両に関しては15%程度高くなる制度も導入されています。

障害を持った方への制度を活用しよう 障害を持った方への制度を活用しよう はコメントを受け付けていません。

テクスチャー03碍者が自動車を運転する場合、税制配慮がされることが在ります。対象については身体面でハンディキャップ等が在る人が多いようです。申請については軽自動車であれば市役所の納税課ですることになり、軽自動車以外の自動車については県税事務所で申請をすることになります。
身体面でハンディキャップが在る場合、日常生活で様々な不利益が在るものとされます。また、税制面での配慮ですが、本人が運転する場合については、特に制限は設けられていないそうであり、本人でなくてハンディキャップ等が在るのが家族であってその人が運転するときは本人が運転する場合と違って程度については制限が設けられています。
障害の程度ですが、自動車税の減免について役所のホームページで明記されており、これは活用しなければなりません。また、税制配慮を受けれるのは、本人名義の車両一台だけであるとされています。
知的・精神障碍者については本人または家族が車の所有者となるそうであり、生計を一つにしていることが条件となります。つまり、同居している場合に限って有効であるというのです。
申請に必要な書類は、身体障碍者手帳、生計同一者の運転免許証、療育手帳、生業を証明する書類、認印、等です。また、身体障碍者以外であれば、精神保健福祉手帳や自立支援医療受給者等も必要となります。なお、民生委員の生計同一証明書も場合によっては必要となるので、これについてもチェックが必要となります。障碍を持った方への制度は、役所に明記されているので活用をして欲しいものです。

バカにならない維持費の算出方法 バカにならない維持費の算出方法 はコメントを受け付けていません。

運転免許を取得したのであれば、せっかくですので車を購入したいと思うものですが、維持費がたくさん必要になります。
実際にはどのくらい必要になるのかを知ったうえで購入を考えるようにした方がいいでしょう。
まず大きくお金がかかる事としては、保険や税金があります。
保険に関しても税金に関しても数万円は必要という風に思っておくといいでしょう。
そして他にも必要になるのが、走行する度に必要になってくるガソリン代です。
走れば走るほど費用は必要になってきますので、燃費のいい走り方をする為に急発進や急ブレーキをしないように心がけたり、エアコンの温度調節などもしていくようにしましょう。
ガソリンを入れる時にはセルフサービスでガソリンを入れるようにしておくと、少しでも安くすむようになります。
その他には、オイル交換やタイヤ代などメンテナンスにかかる費用が必要になってくるのです。
定期的にメンテナンスをするようにしておかなければ故障の原因になってしまいますし、安全に走行することが出来なくなってしまいますので、費用を節約するのは難しくなってしまいます。
少しでも維持費が安くなるように工夫していく事で、安く維持していくことが出来るようになります。